DRMがイノベーションを妨げている

デジタル・ライツ・マネジメント(DRM)は、音楽やビデオなどの不正なコピーを防ぐためのものと考えられているかもしれない。しかし、デジタルミレニアム著作権法がDRMの回避そのものを制限してしまったがために、著作権にまったく関係のない製品の競争を阻害する目的でも用いられることになってしまった。

プラットフォームへの著作権フィルタリング義務化は有害無益?

ユーザ生成コンテンツのプラットフォームに、著作権侵害コンテンツを公開前に排除するための著作権フィルタリングを義務づけるよう求める声が著作権者サイドからあがっている。しかし、そうした著作権フィルタリングが有害無益であるとする報告書が公表された。