TorrentFreak

83歳の老婦人がロバート・レッドフォードの映画『The Company You Keep』を違法にダウンロードしたとして600ポンドを要求されていることについて、国会議員が行動を起こした。Ian Austin議員は、ビジネス・イノベーション・職業技能大臣に著作権トロールから消費者を保護するセーフガードを求め、英国議会においても取り上げるという。

米国を拠点とするTCYK LLPは、ロバート・レッドフォードの映画『The Company You Keep』の著作権侵害を利用して金儲けを企てている会社である。具体的には、この映画をダウンロードしたと思しき人びとを追跡し、和解金として金銭を要求する請求書を送りつけている。

2014年、TCYK LLPはISPのSkyを相手取って裁判を起こし、この映画を許諾なくダウンロードしたと見られる加入者の個人情報を開示させる命令を得た。

Skyの加入者のもとには、昨年夏ごろからTCYKの文書が送りつけられている。はじめに同社が扱ってきたケースについて説明し、裁判を起こされたくなければ数百ポンドを支払うよう求めている。

こうしたケースをよくご存じの方であれば、TCYKの企みはいずれ破綻することは承知しているだろう。彼らはIPアドレスとタイムスタンプという貧弱な証拠しか持ち合わせていないにもかかわらず、83歳のSky加入者Patricia Drewが違法ダウンロードをしたと責め立てている

「見に覚えのないことで責められて困惑しています……。ほかにもどれだけの人が、同じ目にあっているのでしょうか?」と彼女は語った。

英国では他にもたくさんの人びとが同様の目にあっているが、ご老人をいじめることほど世間を怒らせることはない。その結果(とTCYKの絨毯爆撃アプローチにお陰で)、彼らはDrew夫人の地元国会議員に目をつけられることになった。

ダドリー・ノース選出の国会議員Ian Austinは、年金生活者が「いじめられ、(賠償を)ゆすられている」ことを不快に感じていると発言した。

「この会社は、馬鹿げた主張をしている」とAustinはExpress and Starに語った

議員はさらに圧力を強め、ビジネス・イノベーション・職業技能大臣Sajid Javidに、Patriciaのような消費者を守るセーフガードを設けるよう求めているという。

「この醜悪なやり方を封じ込めるために、政府がどのような対策をとるのか。ビジネス相からの回答を楽しみにしている」

また、Ian Austinはこの件を国会でも取り上げるとも話す。彼が約束通り国会で取り上げたとしたら、いわゆる「著作権トロール」問題がふたたび議会で取り沙汰されることになるだろう。以前には貴族院で取り上げられている。

2010年、Lucas卿は、いまはなき著作権トロール会社ACS:Lawの活動を「法律にのっとった脅迫に他ならない」と非難し、このような会社に市民の個人情報が渡らないようにするための対策が必要であるとした。

それから5年の歳月が経ったが、状況はなにも変わってはいない。こうした会社の運営のされ方を除いては。TCYKのような会社は、監督されている法律事務所をフロントに置くのではなく、インターネット加入者に直接、あるいはペーパーカンパニーを経由して請求を送りつけている。それにより、Patricia Drewのような立場にいる人びとが、事務弁護士規制委員会を頼ることができないでいる。

「明らかに、法の抜け穴がこのようなことを可能にしています。これを止めるためには、国会議員が介入し、行動を起こすしかありません」とPatriciaの息子Dave Drewは話す。

「母は今回のことで大変ショックを受けています。私たちには支払うすべがありません」

TCYKのような会社は、『罰金』の支払いを拒否すれば訴訟を起こすと脅しているが、英国ではそうした裁判は一度も起こされていない。Patricia Drewの一件が広く知られたため、TCYKが彼女にさらなる圧力をかけることはもはやできないだろう。

こうした会社のビジネスモデルは、比較的多額の金銭を和解金として即座に手に入れることで成り立っている。Patriciaの一件は、彼女から金をせしめることができなかったのみならず、TCYKの要求を拒否する人を増やす結果を招くだろう。

果たして、Ian Austin議員は政府からどのような対策を引き出すことができるのか、そしてそれは英国に蠢く著作権トロールの波を止めることができるのか、非常に興味深いところだ。
“”Disgusted” Member of Parliament Intervenes in Internet Piracy Case – TorrentFreak”

Author: Andy / TorrentFreak / CC BY-NC 3.0
Publication Date: March 07, 2016
Translation: heatwave_p2p

1件のコメント

英ISP協会、著作権トロールを『インターネットの敵』大賞にノミネート – P2Pとかその辺のお話R · 2016/6/16 22:43

[…] 「TCYK LLPは、著作権侵害をしたとみられるユーザを標的にした『憶測にもとづく請求』キャンペーンを展開し、ある国会議員から『馬鹿げている』とまで言われたことを持ちまして、ノミネートされました」とISPAは今週アナウンスしている。 […]

現在コメントは受け付けていません。