欧州委員会の“大規模監視”の児童性虐待資料・グルーミング対策規則案はプライバシー、セキュリティ、表現の自由、市民生活に重大なリスクをもたらす

若者を常時監視し、デジタルプライバシーを奪うのではなく、デジタル世界を安全に渡り歩けるように教育し、エンパワーしなければならない。

投稿者:heatwave_p2p 投稿日時:

欧州委員会は「AIによるプライベート・コミュニケーションの監視」が何を引き起こすかを理解していない、欧州議会議員は提案を否決せよ

プライベートな会話は基本的人権である。他の権利と同様に、オンラインだからという理由で失われてはならない。だが欧州連合の新たな提案は、私たちのプライバシーの権利を奪い去ろうとしている。

投稿者:heatwave_p2p 投稿日時:

プライベートを詮索し、冤罪で通報し、疑いが晴れてなおユーザを罰するGoogle――それを後押しする世界的潮流

スキャンは間違いを含み、その間違いによって児童虐待の冤罪が生み出されることもある。そのような冤罪がどれほどの頻度で起こるのか、それによってどれだけの人が被害を被るのか、それすら我々は知らない。

投稿者:heatwave_p2p 投稿日時:

EUのメッセージスキャン規則は阻止されねばならない

欧州委員会の提案は、児童に対する犯罪と戦うという名目で、数多くのテクノロジー企業にメッセージのスキャン、分析を義務づけている。電子メール、テキスト、ソーシャルメディアのメッセージ、DM、そのすべてが、平文でのアクセスとスキャンの対象になる。

投稿者:heatwave_p2p 投稿日時:

プライバシー・セキュリティ・表現の自由を守るために、欧州委員会は規則案を撤回せよ

近年、EUはプライバシーとデータ保護に関して人権の道しるべとして、世界標準を確立するために戦ってきました。しかし、提案されたCSA規則によって、欧州委員会は権威主義、支配、オンラインの自由の破壊への逆コースを突き進んでいます。

投稿者:heatwave_p2p 投稿日時: