以下の文章は、12月6日 、The Mozilla Blogに掲載された「Goodbye, EdgeHTML」というプレスリリースの翻訳である。

Microsoftは、独自の共有インターネットプラットフォームを正式に捨て去ることにしたようだ。MicrosoftはChromiumを採用することで、Googleにオンラインの支配権をさらに譲り渡すことになった――。

メロドラマ風に聞こえるかもしれないが、そうではない。「ブラウザエンジン」――GoogleのChromiumとMozillaのGecko Quantum――はソフトウェアの「基盤」であり、私たち1人1人がインターネットでできることの大部分を決定してしまう。消費者が閲覧できるコンテンツや、コンテンツを閲覧する際のセキュリティ、ウェブサイトやサービスに私たちが許可する権限といったコア機能を決定するのである。Microsoftの決定は、私たち1人1人に何ができるかを独自に決定するGoogleの権限をさらに強化するものだ。

Microsoftの決定は、ビジネスだけを考えれば妥当なのかもしれない。もはやGoogleは私たちのインターネット生活のインフラをほぼ完全に手中に収めつつあり、それに抗って競争したところで利益は望めない。かつてインターネットが私たちに提供してくれた自由と選択肢を諦めたところで、Microsoftの株主たちの利益が損なわれることはないのだろう。

Googleは才気あふれる従業員と、独自の資産を独占的に抱える強力な競争相手だ。検索、広告、スマートフォン、データキャプチャなどの幅広い分野にわたるGoogleの支配力は、その競合にとって極めてバランスを欠いた環境を作り出す。

社会的、市民的、そして個々人のエンパワーメントの観点から、基盤となるオンラインインフラストラクチャのコントロールを単一の企業に委ねてしまうことは極めて危険である。まさにそれこそがMozillaの存在理由だ。私たちがGoogleとの競争を続けているのは、ビジネスチャンスを掴みたいからではない。私たちがGoogleとの競争を続けているのは、インターネットやオンラインの生活の健全性が競争と選択によって成り立つためだ。そうした健全な環境は、消費者がより良いものを求め、行動を起こす決定を下せることに依存しているのだ。

Microsoftの決定は、Firefoxのこれからをさらに困難なものにするのだろうか? そうかもしれない。Googleをより強力な存在にすることで、多くの面でリスクがもたらされる。その答えの大部分は、サービスがウェブサイトを作り出すウェブ開発者や企業の行動次第である。Chromiumのような単一の製品に十分な市場シェアがあれば、ウェブ開発者や企業はサービスやサイトをChromium以外に対応させる必要はないと考えやすくなる。このことは、Firefoxがリリースされる以前、Microsoftブラウザが市場を独占していた2000年代前半にも起こったことである。それが再び繰り返されるかもしれない。

もしあなたが、いまオンラインの生活に忍び寄る何かを不安に思うのであれば、もう1度、Firefoxに目を向けてみてほしい。18ヶ月前に比べて劇的に改善され、スピードとパフォーマンスに関しては引けを取らないはずだ。1週間、デフォルトブラウザとしてFirefoxを試してから決定してみてほしい。もちろん、Firefoxをもっと強力にしたからといって、すべての問題を解決できるわけではない。ブラウザは、方程式の一部でしかない。しかし、Firefoxが優れた製品だと思ったなら、あなたはFirefoxをもっと強力に使いこなせるはずだ。あなたがFirefoxを使うことで、ウェブ開発者や企業はきっと、Chrome以外にも目を向けてくれるだろう。そうなってくれれば、FirefoxとMozillaが選択、セキュリティ、競争の面でインターネットをよりよいものにしていく後押しになる。

Goodbye, EdgeHTML – The Mozilla Blog

Author: Chris Beard / The Mozilla Blog / CC BY-SA 3.0
Publication Date: December 06, 2018
Translation: heatwave_p2p

もしあなたがウェブを愛しているのであれば、Firefoxを使う以外にも、Mozillaを強力にサポートする方法がある。詳しくはこちらから